気がつけば誕生月。

そうです今月は誕生月でした。あと2週間ほどで54になります。55だったらゴロが良いけど

54。。。

って何か中途半端ですネ!

しかし32くらいの時も、44くらいの時もそんなことを言ってた気が。。。人間って永遠に中途半端なのでしょうか。それだから良いのかも知れないですネ。

それぞれのDecadeでいちばん印象深い年齢は?と考えると、

10代だったら16、

20代だったら25、

30代だったら38、

40代だったら44、

50代はまだ半分なのでわからないナー。しかしそれぞれの年代、年齢、大変さもあるけれど

その時にしか無い良さ、楽しさもまたある。。。と思うのです。あなたの印象深い年齢は何歳でしょう??

Decade別でその理由、も考えてみるとなかなかに面白い。。。自分ってどういう人間なのか?ナニが嬉しくて何が好きなのか?イヤなのか?嫌いなのか?ポジとネガ、両方視えてくるような気がします。

郵便局に行った帰り、涼しそうなので緑地地区に入って写真を撮ったら何か後光?が!

縁起がいい^_^?気がしたので載せてみました。暑いと冷房で身体を冷やしてしまうのでお気をつけくださいネ。

灼熱の野外を歩いて来て、暑さって気持ち良いナ、と子供の頃のプール帰りの気持ち、を思い出しました。考えてみたらその方が自然ですネ。でも帽子や日傘は(最近男性用もあるのですってネ。)忘れないでくださいませ❗️

P・S.

今日の朝BEARFOREST賛美歌集の凄く良いアイデア思いついちゃって、あ〜早く実現したい!とワクワクしております。21日のライブの前に録音を始めようと思います。

P・S2

昨日アメリカの教会の賛美をネット上で聴いて。。。

レベル高❗️❗️

音楽性めちゃ高❗️❗️やべえ〜😍❣️❣️

と、。。。思わずお品の悪い言葉を発してしまうくらい格好良かったのですヨ。。。

ただ集って、リーダーに従って、デジタル・ピアノと机ドラム(笑)で、

男女7人くらいのハーモニーなんだけれどかっこいいのなんのって。。。

よし、俺はこれを目指すゼ。

とまたお品の悪い言葉を使ってしまったところで、

今日の追伸を締めくくりたいと思います(ここからは独り言)。はあ〜、やっぱロックンロールを産んだ国だけのことはあるねエ、

神への賛美もロックンロール入ってるヨ。やっぱそれがあたしの理想だナ。

(以下、後日追記。〜)

。。。っていうか!

そもそも論でロックンロールは

ゴスペル=神への賛美

リズム&ブルーズ

カントリー

が合わさって混ざって出来たんだ❣️❣️

賛美の中にロックンロールが在るのはだから自然で、必然なんだ。

逆もまた真なり。ロックンロールの中には神への賛美が在る。

音楽というのはそのように、その骨格が成り立っているものなんだ❣️❣️

やっとわかった。

体感した。

何年かかってんだ、って話だけれど、

すごく嬉しい。

SWEET SERENITY On Sunday〜静けさと甘過ぎる誘惑。〜

毎日あついですが体調をくずされていませんか?私は元気なのですが食欲がやはりいまひとつ。。。お肉とか白いご飯を食べたくなくなるいつものような夏なのですが、仕様が無いので白玉だんごをバージョンアップ?してみました❣️

そういえば。。。いつからか市販のお菓子やケーキを滅多に買わなくなったナーと思います。相変わらず大好きなのは銀座Westのドライケーキとか

https://www.ginza-west.co.jp/

沖縄のシークワーサーを使ったピラミー・レモン・ケーキとか

https://ohacorte.com/

天然の果汁がたくさん入っていたり、人工的な香料や甘味料が一切入っていないケーキでないと食べられなくなって来ました。油(脂?)が体質や年齢に合わなくなってきてるのだと思います。高校の頃なんてケーキ3個とか一気に行けたんですけどネ〜、って、

いつの話をしているのでしょうか。。。

最近ドーナツを揚げたりしています、単純だけど美味しいです😊

パンケーキも有機メープルシロップに黒ごまきな粉などかけてイチゴやキウイ、りんごなど添えると、バターが無くても美味しいしヘルシー(バターとかチーズとか乳製品大好きなんですけど、こういうところで姑息に?調整。。。)。

無類の甘いもの好きとしては加齢による体重増加防止と、このようにして手作り度を上げることで満足感も上げてゆけたらと思うのですが、

フォンダンショコラ

(画像はイメージです(笑)。

とかにたまに欲望を抱いたり。。。🤪

ああ、美味しそう。。。

しかし!当分は素朴派に徹して、

隙あらば増加せんとするウエスト・サイズに対抗しよう、と思うのでした。

目指せ、58センチ❣️。。。お、おう。。。(←無理、と思っている。)

暑いですネ!〜白玉だんご始めました〜。

暑いですネ!私はハンドメイド・フライドポテトとハンドメイドDonuts、

そしてこのように白玉を茹でて冷やして、はちみつやゆであずき、

みかんやすいかを添えて、もっぱらそのローテーションで栄養を摂って生きております。

夏になると何故かいつも白いご飯が苦手になってしまい、

パスタや素麺が主食になるのですが、

もうひとつ、暑さに対抗して。。。いや、「逆らわずに少しでも心地良く」過ごす方法を見つけました。

食事の用意をちゃんとする(和食だったらお米を炊いて御味噌汁を作って、

おかずを用意して。。。)という概念を捨てて、

空腹を感じたときに好きなものを、適度に満足する量だけ摂る。

例えばそれを日に3回やりますと、食事の内容やカロリーを気にしたりする時よりも、

一度にたべる量が少ないので却ってヘルシーと言うか、

身体に必要なものを適量採る、ことに”結果的に“なるみたいです。

逆に、食事の時間だから食べなきゃ、と思ったり、3食「きちんと」摂らなきゃ、

と思うのは良くないみたい。食べたくなかったら食べなくていいや、くらいの

いい加減さが良いみたいです。

今、こちらの↓無農薬の日本茶が大好きになり、電話で注文したりして

毎日飲んでおります。

http://igeta.cart.fc2.com/

🌿🍵井ケ田園ホームページ🍵🌿

このお茶を飲んだら市販の日本茶が物足りなくなってしまうくらい、深みのある自然な味なのです。

(スズキのおススメは「有機煎茶・金」「豊みどり」です!)

お茶はペットボトルや、お茶殻が出ないティーバッグ方式も便利ですが、

私、祖母が急須で淹れた超・濃い〜いお茶を幼稚園の時から毎日飲んで、

おばあちゃんの見る歌番組でディック・ミネとか観ながら育ったもんですから、

急須お茶っ葉で淹れない日本茶なんて邪道😤❗️

と思っているのです🍵🍵🍵。

ましてや粉末なんて許せん!と、今日も朝起きて日本茶🍵、

食後に日本茶🍵、日常の句読点に日本茶🍵。。。という生活を送っているのですが、

おかげで食欲は無いのに体調は良く、やっぱり古くからある日本の文化は素晴らしいナ〜❤😍

。。。などと心から思っております。

☀️暑さは始まったばかりですが、どうか夏バテなさらず、

栄養をとって御自愛くださいませね。私も揚げ物&日本茶&白玉、それにゆであずきとフルーツ。。。

で乗り切りたいと思います。

そして9月には元気にお逢い出来ますことを、とてもとても楽しみにしております❤️❣️

秋川は水量が増し、緑は濃くなって独特の雰囲気が漂っています。

You are where you are?〜バイブレーションの良い場所に居ることの大切さ。

懐かしい、2013年の12月にラジオ日本の「フォーク魂」に出させていただいた時の写真、

自分のHPから転載しました(笑)。

あの「GO!GO!NIAGARA」のラジオ関東=ラジ関、だったラジオ日本😍❣️

と盛り上がり、いろいろな場所で写真を撮ってもらいました。

⬆️上は受付の人のフリをする私、

下は番組ディレクターを装う私⬇️。

そしてこれは今年の1月、試聴室その3でシンポジウム&ライブをやらせていただいた時泊まった「ホテル老松」近くで偶然遭遇した、ラジ関発祥の地。。。

野毛の老松町は高台の上にあり、横浜中央図書館や野毛動物園にほど近く、

とても良いバイブレーションを感じる土地です。試聴室にも近いし♪。

しかもラジ関開局の地とは!思わずそびえ立つ鉄塔の写真を撮っちゃいました。

昨年、乃木坂のSONYでマスタリングをしていただいた時、インターネットで見つけた赤坂7丁目の富山赤坂会館というホテルに宿泊しました。そのほぼ隣、元・東独大使館だった建物が現在では「ドイツ文化交流会館」🇩🇪になっていて、

ドイツの文学や美術、批評や哲学、原語と日本語訳のいろいろな本が閲覧出来る図書室や、ドイツのお菓子や料理を堪能出来る素敵なカフェがあったりと。。。

なんと言ってもうちは都心まで遠いので「絶対遅刻出来ない!」と安全のために泊まっただけなのですが、思わぬ充実した時間を過ごすことが出来ました😊。

赤坂7丁目といえば稲荷坂。稲荷坂といえば。。。

🎶あ〜あ〜あ〜、月も泣いてエるう〜、稲荷、坂〜ア🎶

と、「名月赤坂マンション」を大声で歌いたくなります。だって

「左にゃ東独、大使館〜🎶」

ですもん!

名盤『Niagara Calendar‘78』❣️

のちの調査で東独大使館の場所は坂を少し降りたところにあるマンション付近、だと判明したのですが、それにしても目と鼻の先であることは間違いありません。1度ならず2度までも

ナイアガラの聖地

に偶然導かれた!と盛り上がってしまう私なのでした😊🌈💕。

バイブレーションが良い土地、何か良いナと感じる場所。。。じょじょにそういう場所が少なくなりつつある昨今ですが、見つけたら大切にしたいし何かあったら立ち寄って、充実した時間を味わえたら良いナと思います。

何か肌が合う、水が合う、波長があう。。。

いろんな言いかたがありますが、そういう積み重ねって、時間が経ってみると案外大事だってことに気づいたりするのですよネ。

You are what you eat,と言いますが、

You are where you are.

かもしれない。。。などと近頃、思ったりするのです。

,

動画リツイートOn the Weblog;追記2,昨年のまさに今頃の代官山。

これは横須賀でのライブのための編集版ですが、フル・バージョンは来年、オリジナル・アルバムと一緒に出せたらいいナ〜と思います。この時ライブを行った代官山ヒルサイドテラス(会場はその中のヒルサイドプラザでした。)の中のTom‘s Sandwichがなくなってしまったのは何気にショック。。。代官山は同潤会アパートが健在だった頃から大好きな街で、お店を眺めて人を眺めて歩いてるだけで楽しくなる街でした。変わったなア東京も、♪東京の夕暮れは予感のように美しい、よ。

しかし代官山ヒルサイドプラザという、1988年にデビュー・ライブを行なった場所で30周年のライブがやれて本当によかった、素晴らしいメンバーに恵まれ皆さまの暖かい波長に包まれて、最高に幸せなライブをすることが出来ました。

デビュー当時は何もかも人にやって貰っていた、そんな私が何もかも自分で仕切った(笑)ライブを、30年経ったらやれるようになったんですネ。本当に助けてくれた方たちのおかげです。何か1年経って今さら感無量です。終わったときは

よかった。。。😭何も困ったことが起こらず誰にも迷惑をかけなかった。。。😂😭

。。。という思いだけだったのです❗️

そうそう、曲の途中でハイハットが外れて(笑)タイヘンでした、ドラマーにとってこれはゆゆしき事態なのです❗️。。。そう言えばドラムのセッティングがどうなっているか?とかって、意外と知られていないことかもわからないですネ。

ドラムのセッティング講座?動画、なんて撮ってみようか、意外と面白いかも⁉️

などと思ってしまいました❣️もしいいのが撮れたら、ぜひご覧になってくださいませネ。

動画リツイートOn the Weblog;追記編。…She must have been tired because…

動画リツイートOn The Weblog追記編、昨年神戸チキンジョージでのライブのリハーサル風景とライブ直後です(笑、Returned to the hotel room in San-no-miya/Kobe,She must have been tired after a long drive from Tokyo.But the show was great Thank you so much for being there with us❤️.)

JUST WANNA MAKE YOU HAPPY,HAPPY,HAPPY😊❤️❣️

ー楽しかったなア、車で🚗ツアー、も良いナー、と思いました。新幹線でパッ、と行ってパッと帰って来るのも便利で良いのですけど、

2017年に、「京都から静岡まで、ローカル線で帰ってみた!」とYoutuberみたいなことをしたことがありました。途中で電車を乗り間違えて福井県に突入したり、次の電車が1時間後なのでホームでひたすら待ち続けたり。。。何故東京でなく静岡なのかというと、静岡まで来たんだけども流石に疲労困憊してリタイア、新幹線に乗り換えたからなのです(笑)。日本も狭いようで本当に広いんだナー。。。ということがよくわかりました。昔の人は大変でしたでしょうネ!

神戸に到着するまでに、いろんなパーキングに止まってアメリカン・ドッグ食べ比べ、

をしたのも良い想い出です。また神戸に行きたいナ〜❣️❣️

鈴木祥子デビュー31周年記念ソロライブ「旅立つことを決めれば」

鈴木祥子デビュー31周年記念!ソロライブ「旅立つことを決めれば」

2019921()
横浜日ノ出町・試聴室その3

開場;16:00
開演;17:00

入場料
¥5500

2019年9月21日、鈴木祥子、「夏はどこへ行った」でデビューしてちょうど?31年目を迎えます。
先ごろアナログ盤にて再発された『SWEET SERENITY』から11周年、スズキの生誕54⭐️の誕生日からはちょうど1か月。。。

そして名作・『水の冠』からは30周年、

名盤・『あたらしい愛の詩』からは20周年、

ついに来年は12年ぶりのオリジナル・フル・アルバムの予感が。。。❣️❣️

ーいったいどこまでやるの!と我ながら言いたくなってくる31周年を、
どうか共に集い、歌い、踊って(?!)喜びお祝いいたしませんか?

だってあなたの歴史はわたしの歴史、わたしの歴史はあなたの歴史だから。

鈴木祥子。

参加を希望される方は、

1️⃣御名前

2️⃣御住所

3️⃣参加人数(2名さままで)

4️⃣メールアドレス

をお書きになり、タイトルを

「9/21横浜」

として

eachbearsmusicservice72821@gmail.com

イーチベアーズ・ミュージックサーヴィス

までお寄せくださいませ!

追って詳細のメールを送らせていただきます。

「旅立つことを決めれば、道はそこに視えてくる。」

STEVE PERRYというヴォーカリスト。あるいはティーンエイジャーは何故音楽にどハマりするのか。

先日「手紙」のことを書いていて、何となく10代の頃のことを想い出していました。

音楽を本当によく聴いていたのは中2から高2、その3年間の真ん中!に位置する高1=16歳というのが恐らく一生分くらい音楽を聴いた、所謂音楽漬け、だった時代だったと思います。

JOURNEYの『ESCAPE』を発売日に買って来て、うちでドキドキしながらレコードを取り出して、1曲めの『DON’T STOP BELIEVIN‘』が流れてきた時。。。

高揚感とワクワク感が入り混じった、流行りのコンマリ・メソッドで言うところの

It Sparks Joy!!!😍😍💕💕💝🔥💥🌈✨ ⭐️

ーーあのときめきは今でも忘れられません。

今思うとティーンエイジャーが音楽=ロックやポップにどハマりする、というのは世の中の想定内というか、それ(ティーンエイジャーというマスをまとめて引き込むこと)によってインダストリーが発展し、莫大なお金を産むビジネスになったってことはわかるのですけど(まんまとそれにハマった1人=私でした。ハマったも何も、人生を賭けてどハマり(笑)しました)。

そしてJOURNEYというバンドの、不世出のリード・シンガーであったSTEVE PERRYはその発展したインダストリーのために、巨大ビジネスの中心となってしまった為に永らく音楽を、歌うのをやめなければならなかった。。。

私はそのことについて何故、どうして、と5年半くらい考え続けて、ついにある答えにたどり着きました。

だってそれは何とも皮肉なこと、異常なことです。歌う為に生まれたような人が、それをやめなければならなくなる。太陽が月の周りを廻るような、理(ことわり)にまったく反したことです。

しかし今ならわかるのです、理というのが真理、だとすれば。。。

「この世の中というのは、須く真理とはリバース、真逆のことを推し進めることで構成され成り立っている。

。。。。。。。。。。。。。。。

何故?どうして、と問い続けてマジで損しました。

そんなことかよ😟😳😵。

彼が音楽に戻って来てくれたことは、世の中の軌道が少しずつ正常に戻ってきたことを物語っている。。。と思えてなりません。いえ、世の中は変わらなくても人の意識が、正常なこと、真理がそのまま真理であること、を求めて変わって来ている、という気がするのです。私にとってそれは「ロックバンドのヴォーカリストがある時音楽から遠去かり、また戻って来た」以上の、大きな意味を持つことでした。

STEVE PERRYはアメリカの声=The Voice Of Americaと言われたくらい、一時はトップ中のトップに登り詰めた人でした。JOURNEYでもナンバー1、‘84年にソロ・アルバムでもナンバー1になってからは、決して頑強とは言えない肉体でそれらすべての風圧と、羨望と嫉妬と揶揄を一身に受けているのが感じられました。

私は‘79年から’85年までリアルタイムのファンとして、その流れをつぶさに見ていました。バンドに加入した直後から、一度目の永い活動休止に入る直前まで。JOURNEYがメガヒットを生むようになってからの悪口の言われようの酷かったこと、あれは今でも忘れられません。それまで彼らは実力派の、人気も兼ね備えたロック・バンドとして非常に尊敬されこそすれ、揶揄されることなんて決してなかったのです。

まあ手の平返し、とはああいうことを言うのでしょう。

フロントマンであるSTEVE PERRYへの風当たりは特に強く、バイオグラフィー本の中でさえその「わがままぶり」を批判されたりしていました。曰く、バンドに永年貢献して来た糟糠のロードマネージャーを勝手にクビにした、曰く、ツアー中はホテルの部屋に引きこもってインタビューにも応じない等々。。。オフィシャルの、JOURNEYのバイオグラフィー本でですヨ?!

ファンでもそんなこと忘れてる方が多いでしょうが、

あたしゃ執念深い巳年なので決して忘れません🐍🔥。

バンドメイトさえ彼の味方では無かったことを、のちに本国のサイトのインタビューを読んで知ることになりました。彼らはSTEVE PERRYの危機に、彼の側ではなく巨大ビジネスの側についた。。。

。。。そんなすべてが日本では知らされることも、詳しく書かれることもついに無かったのでした。JOURNEYにSTEVE PERRYが居ないなんてあり得ない!というファンの気持ちをよそに、

PERRY脱退、新ヴォーカリスト加入!と何の問題も無いかのようにシレッ、と書いてある

のを目にした時の絶望といったらありませんでした。全盛期の’82’〜83年にはテレビで1時間に渡るスペシャル番組が放送されたり、音楽雑誌の巻頭グラビアを飾らないこととて無く、本国でのツアーやレコードの売り上げ枚数さえニュースになっていたのに、です。

ファンでさえその状況に殺意が湧くくらいなのです。STEVE自身はいったいどんな思いで過ごしていたのか。。。

そうしてファンの前から姿を消してしまった人が、音楽に、歌に戻って来てくれた。

2017年にかつてのバンドメイト達と「和解」し感謝を述べ、現ヴォーカリストにエールを送り笑顔でツーショットに収まったのは、彼がそのようなすべてから完全に

離れ去った

ということなのだと、私は感じました。つまり、既に

同じ土俵に立ってない。

だからこそ24年ぶりのアルバムを彼は

TRACES

と名付けたのでしょう。それはもう彼の中では単なる

痕跡、に過ぎない。

だからこそ再び歌うようになったのだと。音楽に戻って来たのだと。

一見、目に視える世界は未だ混沌としています。

しかし視えない場所で、確実に何かが変わりつつある。

そんなふうに感じられてならないのです。少なくとも私はこうやって、彼について書いたり、喋ったり出来るようになりました。

大きく大きく、解放されました。

ーーそうだ、この記事のタイトル、「ティーンエイジャーは何故音楽にどハマりするのか?」にまだ答えが出ていませんでした。多分それは成長の重圧を、音楽が半分引き受けてくれるように感じられるからでしょう。その絶妙なタイミングを狙って、巨大インダストリーや巨大ビジネスは巨大な(←しつこい)網を仕掛けてくるわけですネ❗️

しかし成長の度合いが進むにつれ、不必要になってゆくものもある。

ますます必要になるものもある。

例えば私は今更乍ら、プリンスの生前最後のアルバムにハマったりしております。53(もうすぐ4)で。。。

じゃあ小5でハマったBCR(ベイ・シティ・ローラーズ)がもう不必要か、といったら。。。やっぱり必要なのです。それを分けるものは何だろう。たぶん思想性でしょう。

BCRに思想があったのかヨ?!と驚かれる方も居ると思うのですが、彼らの音楽というのはじつに

1950〜60年代アメリカン・ポップスの黄金の歴史

から多くを忠実に学んでいます。そこに多くを学んでいるということはロックンロールの歴史をも踏襲している、ということに“自動的に”なってくるのです。しかも彼らはビートルズを生んだ英国産のアイドル。

じつに見事な思想性である、と言えないでしょうか。

(最盛期の1976年には同じ英国の女性シンガー、ダスティ・スプリングフィールドの名曲『二人だけのデート』(I only wanna be with you)をフィル・スペクター風の味つけとエコー感でカバーして英・米で大ヒットさせる、なんて離れワザをやってのけています)。

JOURNEYにおける思想性とは何か。それは音楽のスタイルそのもの、だったと思います。

地元・サンフランシスコの一発伝統芸ともいえるフラワー・ムーヴメントに端を発したサイケデリック・ロックの1980年代的な解釈、そこには勿論そのひと時代前のサーフィン&ホット・ロッドの傷跡?も残っています。サンタナが確立したギター・インストゥルメンタル・ロックにはラテンの要素も加わり、JOURNEY創設メンバーのニール・ショーンとグレッグ・ローリーはサンタナのバッキングから看板プレイヤーになっていった人達でした。

スティーヴ・ペリーはオーティス・レディングやサム・クックに影響を受けた根っからのソウル・ミュージック好き、JOURNEYの初代ドラマー、エインズレー・ダンバーはリヴァプール生まれの英国人、2代目のスティーヴ・スミスは元ジャズ・ドラマー。。。

あらゆる米国の音楽の歴史と要素が豊かに溶け出したゲルマニウム温泉のような、そのスタイルこそが(かつての、STEVE PERRY在籍時の)彼らの思想性であり、極東の高校生さえその渦に巻き込んでファンクラブに加入させレコードを集めさせコンサートに通わせ、フィルム・コンサートでさえ黄色い歓声を上げさせた魅力、の源泉でもありました。

先人から受け継いだ歴史性こそが視えない豊かな財産であって、それが音楽にとっての思想性であり、唯一護るべき重要なものなのだと、近年ますますその感が強くなります。

。。。話があちこちに飛んでスミマセン😝❗️今まで口に出来なかった分だけ、語り出すと長いのなんのって、つい我を忘れて熱弁を振るってしまうのですが。。。

STEVE PERRYという私にとって他の誰とも比べることも、同列に並べることも出来ないのです

まさにNOTHING COMPARES 2U😍。(byプリンス。)

(↑Sinead O’Connorのこのカバーは本当に素晴らしいですよネ。)

ー16歳、が輝いて見える理由はいくつかあります。若さ、無邪気さ、無垢な精神、自由な環境。

しかし、何を以てしても贖えない最大の理由は

あなたが歌ってくれたから❣️❣️

『TRACES』での円熟の歌声を聴きながら、(お祈りの言葉のように)すべてに感謝したい気持ちになる私なのでした。

🌈😍🌈

すべての悪意や、妨害や攻撃に決して負けることなく〜今日は真面目に神様の話をしたい❗️のです。〜

先日「作る」バイブレーションが本当に私を元気にしてくれる、と書いたのですが、

魔法使い宅にお邪魔して「作る」バイブレーションに触れる。

考えてみるとそれって凄く原始的な、手を動かす喜び、頭で考えたことと手先が連動する快感なのですネ。

出来上がったそれを満足気に見やってニンマリする、

素晴らしい出来栄え❣️と自画自賛する。。。

そのエネルギーでまた次の何かを作る。

何と楽しいプロセスであり循環なのか!と思います。

本来人間ってそういうものじゃないんでしょうか。頭をつかって手足を使って、

そこにしか無いものが生まれる。洋裁も料理も音楽も、人と人の関係も、

日々考えることもすることも、

毎日の生活とか営み自体が、大きく言えば作品そのものだと思います。

そうやって作った

自分

というものが、

絶えずクリティサイズされたり批判されたり、

価値が無いように言われたり人と比較されたりしたら?

ー本来そんなことに何の意味も無いというのに、

それが当然のように“思い込まされている”としたら?

「社会」って、いつの間にかそういうことを押し付けてくる場所に変わってしまった、と思います。

いつの間にか、と言うけれど、自然にそうなったわけではありません。悪意を持ってそのように変えた、変えられたというのが本当のところだと思います。

私たちはその悪意と闘わなければならない、とも思います。

しかしひと口に闘う、と言ってもいろいろあって、攻撃するのでは無くただ

屈しない

という静かな闘いもあります。

今、私には

祈る

という闘いかたがあります!

勧誘か?と感じられたりヤバイこの人拗らせてるわ。。。と思われたりするかも(笑)知れないのですが、それは想定内!で、今日は神様について私が感じたことを真面目に書きたいと思いました。何度もしつこいですがもし

「祈る」

というその行為や語感がいかにも

無力で、受け身で、力弱くて、

単なる迷信的、神話的な、オカルトやスピリチュアルの類じゃないか?と思える

としたら、それは

「明らかな悪意をもってこの社会を住みづらく、不寛容で、安心感や喜びの無い場所に変えてきた人たち」の思うツボ

にハマっています。聖書とか祈りの言葉の持つパワーを、何かカルト的なものとごっちゃにしておきたい、

世の中に拡めたくない人達です。

自分も「宗教」に懐疑的でしたからよ〜くわかるのですが。。。それじゃあ100%現実的、実利的に生きられるのか?ーというと、何か迷った時にはタロットカードとかエンジェルカードとか、方位学にヒントを得ようと思ったり、パワーストーンやパワースポットを信じたり、神社にお参りしたり、お札をもらって来たりするのですよネ(←経験者は語る)。

きっと誰でも無意識に解っているのだと思うのです、人はパンのみに生きてるんじゃなく、心とか精神をもった。。。霊的な存在でもあること。そして神様の前では誰でも無力で、受け身で、力弱い存在だということも。

あの東京の地震のとき、水道止まり電気が止まったときに、(私はあの時起こった地震を東北大震災、とか震災、と呼ぶことがどうしても出来ません。それは未だに歴史や史実では無く、自分で経験した恐怖、以外の何者でも無いからです。)

自分でそれを復旧させることも出来なければ、起こってしまったことを元に戻すことも出来ない。一晩じゅう、ロウソクの灯りを頼りに闇の中でじっとしていることしか出来ませんでした。

電気がついて、水が出て、交通機関が動いて、お店には物が豊かにあって、お金と引き換えに何でも買えて、

”すべて自分の力で生きているような気になっている人間“の無力さ、を思い知ったような気がしました。

自明のものなんてこの世には何も無く、

“在る”、ということを前提にしてはならない

のだと、生まれて初めて痛感しました。

だからこそ人間は祈ってきたのだと思います、神様に、太古の昔から。

無力さを識り神を畏れる、という心が、近代→現代と進むにつれて最も失われてしまったものだと思います。何だか知らないけれどいつしか

「神は死んだ」(Byニーチェ。)

ってことにされ、偉い哲学者が言うんだからそうなんだろう、漠然とそう思って(←すみません、私です。。。)神について真剣に考えたことも無く、文明とお金が「神」に取って変わったように喧伝されて、皆がそれを信じてしまった、ーー

交換してはいけないものを交換してしまった。

今、そんなふうに感じられます。

今まで生きてきた経験の中で、人間にはただしい信仰が必要だ、と感じます。それは前近代的なものでも何でも無く

普遍的で、迷信でも思い込みでも何でも真理だと。

善悪にハッキリとした基準と区別が在るということ、それを体感することは大人にとっても子供にとっても大事なことだと思います。

そしてこの世には自分、とか世の中、を超えたもっと高い基準が、愛が存在する、

その愛を感じられたとしたら、その愛で愛されたとしたら。。。心は希望に満たされ、空元気でも無ければ単なる楽観でも無い、ほんとうの歓びでいっぱいになります。

「はじめに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。

この言は、初めに神と共にあった。万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。

言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。(John1:1〜5)」

言=言葉は命、そして光。。。その言葉で神と疎通するのが、

偉大な力を、叡智を分かち与えてもらうために言葉で呼び求めるのが

祈り

であると思います。その神はカルトの神じゃありません。天地創造の、全知全能の神様です(詳しいことは聖書に書いてあります📜❗️)。オカルトともスピリチュアルとも(自己啓発ともニューエイジとも?)何ら関係がありません。

。。。何だか長くなってしまいましたが、まだ信仰の日も浅い私のたどたどしい言=言葉を読んでくださってありがとうございます❤️。参院選も終わり(ってだけでも無いのですが。。。)、このところずっと考えていた、感じたことを書いてみたくなりました。

私はいつもこんなふうにお祈りしています(本当はもっと長いのですが、簡略版?で。。😊🌈)。

聖なる神様、

私たちを、私たちの国を、すべての悪意から護ってください、

1人ひとりをあなた様の巨いなる善の光でお護りになり、

私たちが正しい道を、希望の道を往くことが出来ますよう、

強さと勇気をお与えくださって、

いつも神様が共にしてくださいますよう、

そのような1人ひとりとなって成長してゆくことが出来ますよう、

どうかお護りくださり御導きくださいますように、心から切にお祈りいたします。

あなた様のみ力とみ救いを私たちの上に降り注いでくださって、

神様のいと高き心に、精神に、心情に、基準に、

相応しい者となれますよう、聖い心の者となれますよう、

どんな攻撃や妨害にも決して負けることも、退くことも無く、

完全に勝利する者となれますよう、

どうかそのように御導きくださり御護りくださいますようお祈りいたします。

神様にすべてをお委ねし、お任せし、

すべてのことに感謝して、

愛する主の御名によってお祈りいたします。

アーメン。